Skip to navigation | Skip to content

瞑想とは?

 

最も重要な旅は内的な旅です。これは、自分が真に何者かという真実に至る旅です。日常的な意識から一歩距離をおくことで、精神的な成長が始まります。精神的な力を持つとは、反発ではなく返答することであり、ストレス、衝突、混乱する代わりに、平和、愛、調和を創り出す考えを創る、あるいは選びとることです。

瞑想は内的な旅が楽にできるようにする方法です。ラージャヨガ瞑想は、精神的な自分自身を明瞭に理解し、自分の中に内在している肯定的な質を再発見し使えるようにします。また人格を高め、新たな取り組み方、態度を形成できるようにします。

かつて知っていた、しかも長いこと忘れていた自分自身について思い出し始めます。沈黙の時間を楽しむ、内省、振り返りの時間を味わい始めます。

瞑想は、考えや気持ちの中の、反発する習慣から自分自身を切り離す手助けをします。そして習慣化している態度、行動、他者との交流の質を改善するために、肯定的なエネルギーを引き出します。

内面に向かうことで、自己を否定的な習慣から切り離し、精神的な資質に繋げます。その後に外部と再び繋がりを持つことで、持続する力を身につけます。

瞑想は「自分とは何か」という気づきをもたらす方法です。心を静めることで知力の洞察力を深め、調和を維持するための精神的な法や規律の理解を促します。すると生活全般が自然なものになります。

ラージャヨガ瞑想

“瞑想とは、誰でも神(力の源)を体験できるように、意識を正確に方向づけることです。 - シスター・ジェンティ God’s Healing Power (ミッシェルジョセフ、ペンギングループ 2002)

ラージャヨガ瞑想は魂としての自己を再評価し、最も純粋なエネルギー、至高なる意識の源と直接的な繋がりや関係を持てるようにするものです。ラージャヨガは“至高の結合”あるいは“最高の結びつき”と言い換えることができます。どの魂も、この究極の関係を体験することができます。

瞑想の体験

どんな技能でもそうですが、瞑想で満足した結果を得るには練習が必要です。より多くの人が、ストレスに効果的な手段として、あるいはリラックする簡単な方法として、日課に何らかの瞑想を取り入れています。毎日の少しずつの瞑想は、徐々に自然で楽な習慣になります。そして行う努力に見合った報酬を得ていきます。(瞑想の体験

Print this page