Skip to navigation | Skip to content

運営

 

以下はブラーマクマリス国際活動憲章(Charter for International Functioning)からの抜粋です。

ブラーマクマリス・ワールド・スピリチュアル・ユニバーシティは、インド国内の認可されたセンター、サブセンター、またインド国外にある世界中のブラーマクマリスのセンター、サブセンターを通して、グローバルコミュニティがファミリーとして協働しているNGO(非政府組織)です。ブラーマクマリスは1937年、インド独立前に創立されました。

The Administrative Head(運営総責任者)は、ブラーマクマリスの目的、要綱、方針、活動方法を世界中で支えるものです。

インド、ラジャスタン州アー山にあるブラーマクマリス本部では運営総責任者と共にAdditional Administrative Head共同運営責任者)、Joint Administrative Head(合同運営責任者)、Executive Directors(執行部理事)、Management Committee(運営委員会)が運営に携わっています。

インド国外の本部は英国ロンドンにあり(インターナショナル コーディネーティングオフィス)運営総責任者のもとに、地域コーディネーターRC世界の各地域を担当する各国コーディネーター(NC)が運営に携わっています。

インターナショナルコーディネーティング カウンシル(ICC)は、海外でのブラーマクマリスの活動を監督し、保証するものです。ICCはブラーマクマリスの目的、要綱、方針、活動方法を監督するための顧問、諮問、維持の役割を持っています。ICCは海外のブラーマクマリスの活動を発展させ、明確化し、実行するものです。

各国のコーディネーティングカウンシル(NCC)は様々な国のブラーマクマリスのセンター、サブセンターの活動や業務に関して責任を持つ国のコーディネーターで成り立っています。NCCのメンバーは各国の代表であり、その責任を負います。NCCのメンバーはそれぞれの国のブラーマクマリスのセンターから選ばれます。

各国のコーディネーティングオフィス(NCO)はその国の法の下に公認された地域のメンバーとコーディネーターによって成り立っており、その国の事業において責任を持ちます。

地域コーディネーター(RC)は世界の様々な地域で奉仕をし、運営総責任者の代表としての義務や責任を持っています。RCはその地域に地域コーディネーティングオフィス(RCO)を創立して維持し、運営総責任者と地域のセンター、サブセンターをつなぐ役割をはたします。

ブラーマクマリスの学生

学生は18歳以上のBKWSUの哲学と教えを支持する個人であり、それに基づいて定期的に少なくとも週2回クラスに参加しています。そのバックグラウンド、教育レベル、職業、年齢は多様です。精神的知識と瞑想を基礎に個人的成長に積極的な変化を望む人は誰でも無料で入会できます。

現在の統計では、100カ国に8,500のセンターがあり、825,000人の学生がいます。これに加え、大学のコース、セミナー、リトリート、世界中で行なわれているパブリックプログラムに参加する人々は数えきれません。

運営資金

各センター、サブセンターはその地域社会に住み、そこで働く教師や学生の自発的な寄付によって経済的に支えられています。全ての活動は社会への奉仕として、無料で提供されています。

Print this page